教育への思い

大学院に行こう!

投稿日:2017年6月13日 更新日:

18歳の頃から、塾や家庭教師などのアルバイトをしていて
どうも日本の教育はあかんなー
 
と思い、神戸でちょっと変な学習塾を営んではや1年。

  
毎回、塾に楽しそうに来る子どもたちを見ていると
学校の教育はどうなっているんだ・・・
 

という不満がつのってきました。
  

japan-school-education-650x433 大学院に行こう!

学習塾では、
「みんなの時間」と称したグループ活動で、
図書館ツアーやブックトーク、プレゼン、竹とんぼ作り、編み物など
子どもたちがやってみたい!と思ったことを
プロジェクト形式で行っていました。

  

机に向かってする勉強が嫌いな子どもでも
このみんなの時間は楽しいようで、
話し合いや、活動を通して、日々成長を感じることができました。

   

自分の意見が言えなかった子どもが、
意見を言えるようになったり、
自分は司会は無理だから・・・と
自分に向いた役割を見つけて
とっても上手に書記をしてくれたり、
みんなで出かける時間に、タクシー会社に電話をしてくれたり、
買い物に行ったりと、
社会に出た時に役立つ事を、どんどん吸収していきました。

   

japan-school-education-650x433 大学院に行こう!

でもね、
   

塾だけでは限界があります。
  

見れる人数も限られてきますし、規模も小さい。
   

子どもたちが大人になった時に
日本の教育をなんとかしてくれたら と思いますが、
それまでに、何百人何千人の子どもたちが
自分の可能性をつぶしていくのでしょう。
   

そう考えると、
海外の大学院で学び、日本の教育を、大きな規模で変えたいなー
と、いてもたってもいられなくなったわけです。

   

教員をしている夫に話すと、
「俺も、人生変えたいと思っていたから」
 

と、一緒に出願することになりました。

  

大学院で学び、
今の塾の子どもたちがもう少し大きくなった時に
より良い教育を受けさせてあげたい。
  

子どもたちには申し訳ないですが、
必ず、私の人生と、みんなの人生は
どこかで交わるはず。
    

そんな思いで
決断した大学院留学。

  

自分で考えて、
自分の能力で、世界に通用する人間になってほしい。
  

そのためにまずは、自分が実践しないといけないから。

   

行ってきます!海外大学院!

スポンサーリンク

-教育への思い

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした